旅行業(第2種)静岡県知事登録 旅行業 第2−302号


本社:〒424-0942 静岡県静岡市清水区入船町14番12号
   TEL:054-354-0550 FAX:054-354-1626


アオキトラベルサービスのスタッフが添乗したツアーや、外航客船の見どころなどを紹介します。

日本で建造の最大の客船“サファイア・プリンセス”

5月27日に三菱重工長崎造船所・向島岸壁でプリンセス・クルーズ社に引き渡された「サファイア・プリンセス」(11万6,000トン)が、5月29日(土)急遽横浜大さん橋国際客船ターミナルに入港しました。当初、横浜港にて給油のみの予定が横浜市他、関係者の強い要望によりターミナルへの入港が決定しました。当日はプリンセス・クルーズ社、日本の総代理店・クルーズバケーション社の好意により、旅行関係者やメディア関係者など約450人が船内見学・食事をするなど、船内がにぎわいました。客船ターミナルには郵船クルーズ社「飛鳥」も午前9時に入港しターミナルはにぎやかな雰囲気に包まれていました。船内を撮影した写真の一部ですがご覧になってください。(右表:見学会スケジュール)

2004年5月29日(土)09:30〜14:00
09:30〜10:00 横浜大さん橋客船ターミナルにて受付
10:00〜11:00 船内見学(本船スタッフ引率)
11:00〜11:45 プレゼンテーション
11:45〜14:00 ランチ
14:00 下船
横浜大さん橋国際客船ターミナルに着くと・・
大きすぎて写真に収まりきれない!
『初夏の南房総・仙台クルーズ』を終えて、入港した“飛鳥”がかわいそう・・・『サファイア・プリンセス』からはスカイデッキまで見おろせてしまう。 29,000トンの飛鳥は4分の1サイズ。全長も100m短い。 アトリウム。ちょっと暗いけれど、レリーフが施された黒い柱のように見えるのがエレベーター。東洋風のデザインが日本生まれのプリンセスらしい。
パッセンジャーサービスデスク。乗船客のためのレセプションとインフォメーション。プラザデッキ/5階

ビバルディ・ダイニングルーム。絵画に囲まれてイタリアンで楽しんでみては?230席 プラザデッキ/5階

グランドカジノ。ラスベガススタイルのカジノで、どこかで見たような雰囲気を感じる。スロットマシーンは273台ある。フェスタデッキ/6階 インターネットカフェ。29台のコンピューターを揃え、コーヒー・ソフトドリンク・スナックが楽しめる。プロムナードデッキ/7階
1314室の内の1室。7割以上が海側に面したアウトサイドの窓付きの部屋。748室がプライベート・バルコニー付の部屋。クルーズ中、どのくらいバルコニーに居るのか判らないが、圧倒的に開放感とぜいたく感があり、乗船客に満足感と優越感を与えるのは間違いない。 プライベート・バルコニーより海を眺める。
ネプチューンズ・リーフ&プール カリプソ・リーフ&プール 船尾のスパ&ジャグジー
“サファイア・プリセス“は巨大な建造物だった。大さん橋のデッキからではとても全景は撮れない!日本生まれだけあり、想像していたよりも落着いていて日本的であった。いただいた昼食のサファイアプリンセス チョコレートスペシャルは不思議だった。

ページトップに戻る  

  旅行業登録票 旅行業約款・旅行条件書 個人情報の取り扱い